バイオエコットの特徴

従来のバイオレメディエーションの短所は・・・

  • 浄化までの期間が長くかかる・・・
  • エアレーション等の設備が必要・・・
  • 高濃度の汚染には不適・・・

等がありました。

バイオエコットなら短所を克服+α!

1.浄化期間の大幅な短縮が可能

従来のバイオレメディエーションでは、(最低)6か月〜2年間(程度)の浄化期間が必要でしたが、サイトの汚染状況に即したエコット資材の組み合わせ(相乗効果)により浄化期間を大幅に短縮(約一ヶ月〜2ヶ月)することが可能です。

2.エアレーション等の設備が不要

エコット資材に一定量の酸素を確保する効果があるため、エアレーション等の管理設備が不要になります。

3.低コストでの浄化が可能

上記1の浄化期間の大幅な短縮が可能になることで、施工費用の削減につながります。
上記2の管理設備等を無くすことで、仮設費用の削減につながります。

4.高濃度の油汚染にも対応が可能

エコット資材に含まれる、非イオン系界面活性剤と酵素・糖蜜の効果による油分の水溶化によって高濃度の油汚染でも分解が可能です。

5.油臭・油膜の対策に効果大

エコット資材に含まれる成分により、油臭・油膜の対策(処理)に即効性を実現します。

6.戻り汚染対策にも有効

エコット資材がもつ分解微生物の増殖・活性化効果により、戻り汚染(施工範囲外からの汚染物質の戻り)をブロックします。

Google
WWW を検索 bio-ecot.com を検索

サイドメニュー

油処理資材

2010年4月17日更新


現在の閲覧者数: