油分の分解メカニズム

@エコット浄化剤を添加

汚染土壌には土着の微生物が存在する

エコットSRによるエアレーション効果と油(炭化水素)の吸着。

下地作り

油分の基本構造
CH3CH2・・2CH2CH3
※両端のみCH3

A微生物の増殖と
   化学的な構造変換

リキッドによって微生物を急速に増殖

エコットリキッドに含まれる非イオン系界面活性剤・酵素・糖蜜に加え、微生物が作る界面活性によって油分を水溶化。

油分の水溶化

酸素と結び付けることによる水溶化
R-CHO

R-COOH

(※R=CH3CH2CH・・)

B微生物の代謝による
 生分解

微生物酵素作用によって油が低分子化

微生物細胞内で油分が完全分解され、二酸化炭素と水に変換される。
※CO2は微生物の呼吸程度

酵素作用・生分解

微生物の分解時における酵素反応
R-COOH/CH3COOH

微生物の取り込み
CO2/H2O

C周辺からの戻り汚染
   に対するバリア効果


 

微生物の存続による再汚染の防止
※浄化完了後は死滅します。

生分解の継続

油分解の推移 油種ごとの分解推移ベンゼン濃度の推移
Google
WWW を検索 bio-ecot.com を検索

サイドメニュー

油処理資材

2010年4月17日更新