地球環境を守る!天然繊維の油吸着材 エコパッド

エコパッドの焼却による環境負荷について

素材

エコパッドは主にカポックを中心とした天然素材で作られ、PRTR法指定化学物質は含まれておりません
また、ダイオキシンを発生する物質は含まれておりません

焼却費用の減少(省エネ)

石油化学製油吸着材(PP)に比べると、1枚当たりに必要な燃焼エネルギーは約半分以下、焼却ごみ量は67%減じると思われます。
PP吸着材の50cmサイズの重量は100g、エコパッドは50gと、とても軽量であることが理由としてあげられます。

炭酸ガスの削減

PP吸着材1枚100gに対し、エコパッドは50gしか使用しないことと、さらに1gあたりのCO²の排出係数は半分以下であることから、トータルでは炭酸ガスの発生はおよそ4分の1まで抑えられると推察されます。

焼却炉維持費削減効果

焼却による発熱量は、PPは1gあたり11,130カロリー。エコパッドは5960カロリーと約半分であり、PP焼却に比べ高価な焼却炉を傷めにくいと思われます。

ゴミ量の減少

PP製品は1gあたり油吸着量が自重の10倍、エコパッドは1gあたり油吸着量は自重の30倍以上あります。
したがって例えば3,000gの油吸着量に際し、PPは1枚半(シート重量150g)が必要になりますが、エコパッドは1枚(50g)で良く、同量油に対して重量比67%の削減になります

Google
WWW を検索 bio-ecot.com を検索