エコットリキッドの特徴

エコットリキッドには、油を生分解するのに必要な 酵素・界面活性剤・栄養剤のほか、必要な成分はすべて含まれています。
エコットリキッドを噴霧すれば、地場の微生物が生分解を始めるのに必要な 酵素・界面活性の放出を待たずに済むのです。それゆえ、エコットリキッドを噴霧すると同時に油は乳化・溶解を始めます。この過程は油の密度により異なりますが、数分で完了します。

界面活性剤が油を乳化・溶解し、酵素が結合部を作り、消化作業が開始されます。
このような過程を踏まえたエコットリキッドの特徴は以下のとおりです。

  • 引火性が減少する。
  • 油汚染の毒性が急激に減少する。
  • 臭いが減少する。
  • 油が他のもの(動植物・岩石など)に固着しない。
  • 炭化水素を分子レベルに分解するまで付着し続ける。

もし、流出油が岸についていないなら、岸に噴霧しておけば砂や岩、木、金属や植物などには油が固着しません
固着した油に噴霧した場合にも、砂や岩、木、金属や植物などから油を洗い流します。
この時点で油は無毒化されているので、地場の微生物が油を食物として消化できるのです。また、無毒化されたことによって、海洋生物・鳥・動物にも無害になります

エコットリキッドは油を水面に浮かせます。これは、水中や水底への二次汚染を防止します
流出油が水面にあるものは、観察を容易にします

エコットリキッドは分子レベルにて油に付着するため、油がどこに漂流しようとも、生分解します
機械的な油処理(通常20%程しか処理できない)と違って、エコットリキッドは100%油を浄化します

Google
WWW を検索 bio-ecot.com を検索