バイオレメディエーション(Bioremediation)とは

バイオレメディエーションとは、微生物や植物(草木)が土壌中の物質を代謝(分解)する能力を持つことを利用して、土壌・地下水汚染の中の有害物質を分解浄化する技術です。バイオレメディエーション技術のルーツは、石油精製から出る廃棄物を処理するランドファーミングにあるといわれています。
海洋でのタンカーからの原油流出事故など、油が極めて広域に拡散して他の方法では適切な対策が無い場合にも、バイオレメディエーションの技術の効果が期待されています。

カナダにおけるエクソン・バルディーズ号の座礁事故の流出原油浄化への寄与で、バイオレメディエーションは脚光を浴びました。海面流出処理には微生物の栄養源として窒素・リン分(化学肥料50t)を使いますが、89年のアラスカ事故での原油分解率は70%程度、回収率は14%、残存率は16%であったといわれています。

アメリカでの浄化技術の背景

アメリカでは、このような微生物による環境浄化技術は日本より約20年先行していると言われています。これは主に油田などでの微生物による環境浄化の歴史が長く、バイオレメディエーション技術が研究・実用されている結果なのです。
バイオレメディエーションはアメリカでは450件以上の実績(EPAデータベースによる)があり、適用可能な汚染物質としては次のようなものが挙げられています。

  • 石油系炭化水素(含原油)
  • 多環芳香族炭化水素
  • 農薬
  • 揮発性の有機塩素溶剤
  • PCB

微生物を利用した主な浄化方法

浄化対象としては、方法により土壌・堆積物・汚染地下水など様々です。
主な浄化方法としては次の例があります。

バイオスティミュレーション(Bio stimulation)

汚染現場に土着している微生物の分解活性を高める方法。
水素・酸素供与体等を土壌中に継続的に注入するなどして、微生物の分解活性を高める。
※弊社はこちらの方法を使用しています。

バイオオーギュメンテーション(Bio augumentation)

汚染現場になかった外来微生物を培養して供給する。
わが国の現状では、外来微生物の利用にも抵抗があり、遺伝子組み換え微生物の利用の場合は、更に社会的な受け入れ環境が整っていない状況である。


自然界における油の分解過程

自然界には無数の微生物が存在しています。油の流出事故が起こると、直接油に接触した微生物はあまりにも毒性が高いために死滅していまいます。直接の接触を免れた微生物はいくつかの方法で対処します。

  • 毒性が低く、生存可能な場所まで離れる。
  • 油を分解するため、酵素と界面活性剤を放出する。
  • 界面活性剤は油を乳化・溶解させる。

界面活性剤が油を微生物の処理可能な濃度まで乳化・溶解します。
同時に油の分子結合を分解し毒性を減少させるため、微生物が食用として活用できるのです。
酵素は、乳化または溶解された油に接合部を作り、ここで微生物の初期の消火作業が行われます。

この過程には微生物の数と微生物が汚染現場に順応するための時間が必要です。なぜなら、微生物が十分な酵素と界面活性剤を生産・放出するのに時間がかかるからです。

そのため、以前から汚染現場に栄養剤を散布し、微生物を活性化するという試みが続けられましたが、栄養剤は洗い流されたり薄められたりしてしまい、微生物を増殖するのには時間がかかるため限界がありました。

上記全ての問題を解決するために・・・


エコットリキッドの効果
  • 油漏れ事故現場の被害を最小限に食い止める。
  • 油を沈殿させず、二次汚染を防ぐ。
  • 油の引火性・臭いを消す。
  • 海洋・海岸線・植物・動物・鳥などの生物への環境汚染を食い止める。
  • 生分解し、元の環境に戻す。
  • 人畜無害。 MSDS参照
  • 米軍をはじめ実績多数。アメリカ納入実績表 参照
  • EPA承認 EPA承認番号 #B-53 8.26.1996
Google
WWW を検索 bio-ecot.com を検索